Japan / 日本

日本語

The fourth international "Fascination of Plants Day 2017" will be launched again under the umbrella of the European Plant Science Organisation (EPSO). The goal of this activity is to get as many people as possible around the world fascinated by plants and enthused about the importance of plant science for agriculture, in sustainably producing food, as well as for horticulture, forestry, and all of the non-food products such as paper, timber, chemicals, energy, and pharmaceuticals. The role of plants in environmental conservation will also be a key message.
Everybody is welcome to join this initiative!

We invite you to organize for the 18th of May 2017 a fascinating activity related to plants attracting and interacting with the public. May 18th will be the very Fascination of Plants Day and most events will be organised for this day. In addition, where this is not suitable, events will be organised throughout the month 2 - 31 May . Just contact your National Coordinator fopdjapan@gmail.com or the EPSO Coordinator to discuss and get guidelines for using the Fascination of Plants Day. The Fascination of Plants Day corporate design can be downloaded for free at the “PR-toolbox” on this webpage to be used to prepare, hold and report on this day, see “Main Menu”.

We invite many others to join in, ranging from schools to horticulture and anyone who feels to have a suited contribution to this initiative. Many plant science institutions, universities, botanical gardens, and museums, together with farmers and companies, have opened their doors at the Fascination of Plants Day 2012, 2013 and 2015, with a variety of plant-based events for all the family - just look at the “Success Story” links in the given countries by clicking “Countries”. Again, the media are invited to join in, and scientists, farmers, politicians and industrialists will discuss with them and present the latest state-of-the-art research and breakthroughs in the plant science world and explore all of the new potential applications plant science can offer.
The Fascination of Plants Day will be backed up by a range of events in public spaces, theatres, cafes, central city squares and parks designed to get everyone thinking about plants.

Plants are fascinating. From one little seed, planted into soil, many green lives can arise - from small herbs up to big trees, or from ornamental flowers to substantial crops which all animals and mankind need to survive on this planet. Plant biologists estimate the total number of plant species roughly to be about 250,000. On the back of this coordinated activity we hope to plant again many virtual and constantly germinating seeds in the collective mind of the European and World Public that plant science is of critical significance to the social and environmental landscape now and into the future.

These institutions will take part at the Fascination of Plants Day 2017. If you also like to join this initiative, just contact your national coordinator team: 国内コーディネーターチーム
https://sites.google.com/site/fopdjapan/coordinators

筑波大学 つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)遺伝子実験センター
茨木県つくば市
www.gene.tsukuba.ac.jp/

  • -- 遺伝⼦組換え植物を⾒に⾏こう︕
    遺伝⼦実験センターは、組換えDNA実験に関する施設・機器を総合的に管理し、遺伝⼦⼯学及びその応⽤分野の研究・教育に供することにより、⽣命科学の研究・教育を推進しています。⼀般公開では、国内最⼤級の遺伝⼦組換え植物の栽培施設を紹介し、実際に遺伝⼦組換え植物をご覧頂きます。
    - open day
    - 4⽉22⽇(⼟)13:00-15:00
    - 茨城県つくば市天王台1-1-1
    Target audience: 小学生高学年~一般

みどり《適塾》会
大阪府大阪市
www.sanken.osaka-u.ac.jp/RAIS/business/b2/b2-2/midori.

  • -- 第3回デザイン思考勉強会「植物のゲノム編集について共に学ぶ」
     みどり《適塾》では、ホタルよりも100倍以上明るく光る化学発光タンパク質をはじめとした植物活用テクノロジーの実践を共に考える議論を2016年9月16日にスタートしました。
     第3回目となる今回のデザイン思考勉強会では、前回の遺伝子組み換え体が持つ様々な「社会的な誤解」に関する話題提供と議論に引き続く形で、「植物のゲノム編集」をテーマとした話題提供と議論を皆様と行いたいと思っております。
     詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - seminar or lecture
    - 4月21日(金)13:10~16:30
    - 大阪市北区中之島4丁目3-53 大阪大学中之島センター 講義室405
    Target audience: everybody
    www.sanken.osaka-u.ac.jp/RAIS/business/b2/b2-2/midori

小石川植物園後援会
東京都文京区
www.koishikawa.gr.jp/seminar.html

  • -- 第95回小石川植物園市民セミナー
    講師:岩瀬 哲(国立研究開発法人 理化学研究所 環境資源科学研究センター)
    演題:「傷口から蘇る 〜植物の分化全能性の科学〜」
    要申込(4月17日まで)。詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - seminar or lecture
    - 5月6日(土)13:30~15:30
    - 東京都文京区白山3-7-1 東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)柴田記念館
    Target audience: everybody
    www.koishikawa.gr.jp/seminar.html

筑波大学
茨木県つくば市
http://gm-edu.sakura.ne.jp/bio_e_cafe

  • -- 第112回筑波大バイオeカフェ
    「形質転換植物のデザイン:悪環境でも育つユーカリをつくる」

    詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - seminar or lecture
    - 5月9日(火)18:30~20:30
    - つくば市天王台1-1-1
    筑波大学 総合交流会館多目的ホール
    Target audience: everybody
    http://gm-edu.sakura.ne.jp/bio_e_cafe

名古屋市立大学 薬学研究科
愛知県名古屋市
www.nagoya-cu.ac.jp/science/contribution/event/. . .

  • -- 春の薬用植物園市民公開
    生薬学分野スタッフによる30分程度の説明の後、薬用植物園内を見学していただきます。
    見学時間約1時間~1時間半程度です。
    要申込(4月14日まで)。詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - open day
    - guided tour
    - 5月12日(金)、13日(土) 10:00~12:00
    - 名古屋市瑞穂区田辺通3-1
    名古屋市立大学 田辺通キャンパス 薬用植物園他
    Target audience: everybody

岡山大学資源植物科学研究所
岡山県倉敷市
www.rib.okayama-u.ac.jp/information/. . .

  • -- 岡山大学資源植物科学研究所一般公開
    「きて、みて、発見!!植物っておもしろい!」

    研究所の誇る⼤⻨などの遺伝資源や植物科学の世界を⼀般向けにわかりやすく紹介します
    - open day
    - guided tour
    - hands on activities
    - exhibition
    - seminar or lecture
    - 5月13日(土)10:00~15:00
    - 倉敷市中央2-20-1
    岡山大学資源植物科学研究所
    Target audience: everybody
    www.rib.okayama-u.ac.jp/information/. . . <

弘前大学 農学生命科学部附属 生物共生教育研究センター
青森県南津軽郡
http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/kyousei/event.html

  • -- リンゴとチューリップのフェスティバル
    毎年5月上中旬のリンゴとチューリップの花が咲き誇る頃、藤崎農場を公開しています。詳細は上記ウェブサイトをご覧ください
    - open day
    - presentation
    - exhibition
    competition 販売
    - 5月13日(土)、14日(日)10:00-15:00
    - 青森県南津軽郡藤崎町藤崎字下袋7-1
    弘前大学藤崎農場
    Target audience: everybody
    http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/kyousei/event.html

NPO法人 くらしとバイオプラザ21
専門学校 東京テクニカルカレッジ (TTC)
東京都中野区
http://www.tera-house.ac.jp/ . . .

  • -- 第23回TTCバイオカフェ「国際植物の日」特別企画
    テーマ: 種子(タネ)屋のお仕事
    スピーカー: 近藤 友宏 先生(株式会社日本農林社、代表取締役社長) 
    詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - seminar or lecture
    - 5月19日(金)18:00~19:45
    - 中野区東中野4-2-3 Tera-House (東中野駅前)
    専門学校 東京テクニカルカレッジ 1F TeraCafe(カフェテリア)
    Target audience: everybody
    http://www.tera-house.ac.jp/ . . .

名古屋市科学館
愛知県名古屋市
www.ncsm.city.nagoya.jp/

  • -- 生命ラボスペシャル 国際植物の日記念行事
    「もっと知ろう、植物のひみつ」

    ① シャーレの中の植物から変異体(ミュタント)を探そう
    ②植物から出る昆虫の好きな香り、嫌いな香り
    詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - hands on activities
    - 5月20日(土)、21日(日)13:00~15:30
    - 名古屋市中区栄二丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内
    Target audience: everybody
    www.ncsm.city.nagoya.jp/

千葉県立中央博物館
千葉県千葉市
www2.chiba-muse.or.jp/ . . .

  • -- 国際博物館の日・国際植物の日・国際生物多様性の日
    詳細は下記のウェブサイトに掲載されます。
    - seminar or lecture
    - 5月21日(日) 11:00~11:30 および14:30~15:00
    - 千葉市中央区青葉町 955-2
    Target audience: everybody
    www2.chiba-muse.or.jp/ . . .

千葉県立中央博物館
千葉県千葉市
www2.chiba-muse.or.jp/ . . .

  • -- 植物観察会「青葉の森観察会」
    国際博物館の日・国際植物の日にちなみ、青葉の森公園に植えられている世界各地の珍しい植物について紹介します。集合は千葉県立中央博物館生態園。参加費は無料ですが、保険料としてお一人50円を徴収します。中学生以上、定員30名(当日申込・先着)
    - guided tour
    - 5月21日(日)13:30-15:30
    - 千葉市中央区青葉町 955-2
    www2.chiba-muse.or.jp/ . . .

国立科学博物館 筑波実験植物園
茨城県つくば市
www.tbg.kahaku.go.jp/ . . .

  • -- さくらそう展
    サクラソウは、日本各地に自生し、春を告げる花として古くから親しまれてきました。しかし現在では、野生の自生地が減少し絶滅の危機に瀕しています。かつてのような自生地を復活させるために行われている、各地の行政や高等学校、市民団体による様々な保全活動を、大学などで行われている最新の研究成果とともにご紹介します。また、野生種から作出された150種類以上の園芸品種を、江戸時代から続く伝統園芸の雰囲気でご覧いただけます。
    詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。
    - guided tour
    - exhibition
    - seminar or lecture
    - 4月15日(土)~4月23日(日)
    - 茨城県つくば市天久保4-1-1
    Target audience: everybody
    www.tbg.kahaku.go.jp/event/2017/04sakura/ . . .

国立科学博物館 筑波実験植物園
茨城県つくば市
www.tbg.kahaku.go.jp/ . . .

  • -- クレマチス園公開
    カザグルマをはじめとするクレマチスの野生種や、それらをもとに誕生した多種多様な園芸品種を公開します。日本屈指の展示種類数を誇るクレマチス園で、自然と人が作り出したクレマチスの多様性を体感することができます。
    - open day
    - 4月29日(土)~6月4日(日)
    - 茨城県つくば市天久保4-1-1
    Target audience: everybody
    www.tbg.kahaku.go.jp/event/2017/04clematis .. .

国立科学博物館 筑波実験植物園
茨城県つくば市
www.tbg.kahaku.go.jp/ . . .

  • -- 手話で楽しむ植物園
    植物と手話を同時に学べる楽しい講座です。身近な植物を観察しながら、園内を散策します。手話通訳つき。
    小学生以上(定員30名)/事前予約制
    - guided tour
    - 5月28日(日) 13:30~15:00
    - 茨城県つくば市天久保4-1-1
    www.tbg.kahaku.go.jp/education/ . . ..pdf

筑波大学 山岳科学センター菅平高原実験所
長野県上田市
www.sugadaira.tsukuba.ac.jp/

  • -- 高原の植物観察 ~植物と人や自然の関わりを知ろう~
    国際植物の日にちなみ、山岳科学センター菅平高原実験所では、本センター教員による講演と、野外観察会を行います。新緑の菅平高原で、植物や生物多様性について考えてみませんか?
    要申込(定員30名)。詳細は下記のウェブサイトでご確認ください。
    - guided tour
    - seminar or lecture
    - 5月21日(日)10:30-15:00
    - 長野県上田市菅平高原1278-294
    Target audience: everybody
    www.sugadaira.tsukuba.ac.jp/. . . .pdf

筑波大学 生命環境系
茨城県つくば市
www.life.tsukuba.ac.jp/

  • -- 2017年国際植物の日「筑波大学 みどり散歩」
    詳細は下記のウェブサイトで案内いたします。
    - walk
    - 5月20日(土)
    - 茨城県つくば市天王台1-1-1
    Target audience: everybody
    www.life.tsukuba.ac.jp/. . . .shokubutsunohi. . . .